スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絶対に負けられない戦い・ツール・ド・サイタマ【赤石ネタなし】

ツール・ド・サイタマとは

各々の家に帰るまでの直線で曲がるまでに一位でいたものが勝者となる

各人距離が違うながらも

「一位で曲がる!」

というプライドをかけた勝負のことである。

もちろん自分も、家までの帰り道は一人の戦士となってこの戦場に臨むのであった・・・




・・・・・

・・・・・

・・・・・

駅から延びる直線とも言えなくないような緩やかなカーブを描くバス通り、

スタート地点とも言える信号交差点に、自分は大会の開始を今か今かと待っていた・・

続々と集まる出場選手と、隣のランプが赤色になったのを見て自分も臨戦態勢に入る。

同時に驚愕する

「・・・・・!!」

ライバルのフライングだ。しかしこのレース、フライングは反則ながらもペナルティが課されないのが暗黙のルールであり、自分も抗議をする気はさらさら無い。

先頭から順におじいちゃん、リーマン、おばちゃん

フライングとおばちゃんのブロックに合った結果4番手、最悪の滑り出しだ・・・

おじいちゃんが中途半端な速さのため、先頭集団は団子状態になり抜くに抜けない状態だ。

おばちゃんがコースアウト、リーマンもコースアウトしたためそのまま自分は2位で次の信号に到着。

信号が変わり交通量が少なくなったところで、チャンスと見た自分。

「今抜くしかない!」

回転数を高め始めた自分、

しかしそれを快しとしない人物がいた。

後方のオッサンである。

自分を超える加速で一気に先頭に躍りでると独走態勢を取るべく疾走、結果自分はおじいちゃんも抜けずに3位に後退。

あわてて、おじいちゃんを抜きなおしオッサンを追いかけるべくさらに加速しようとしたとき、左側から高速で何かが合流してきた・・・

「・・・・!!??」

曲がったはずのリーマンが飛び出してきた。

おじいちゃんの微妙な速度で行われる序盤のレース展開を見るや、迂回して先頭を狙うつもりだったのだろう。結果予想外のオッサンの速度で2位になるも作戦は成功したといえる。

ブレーキを踏みリーマンに道を譲り、二度の勝負機に先を越された自分は結果3位。なんとも惨めな気持ちのまま自分は家に帰るため曲がることになった。



【おわり】



・・・・・白熱したレース展開であんまりにも面白かったから記事にしたw

普段はさっさと家に帰りたいから速度だして自転車に乗ってるんですが、

速いおっさんが出てきたり横からさっき見たリーマンが飛び出してくるとか・・・

レース展開風に脚色したら面白いだろうなぁとか思って書きましたb

自分の頭の中を勢いで書いたからすごい文になってるんだろうなぁ・・・

明日の記事は早めに書こうと思うカブなのでした。

では今回はこの辺で^^ノシ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2008/07/22 20:09 ] リアルとか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://kabra2aquacrystal.blog.fc2.com/tb.php/110-a5427e0a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。